コワーキングスペースのメリットやデメリットとは

新しい働き方をサポートするコワーキングスペース。その存在を見聞きし、コワーキングスペースの利用を検討している方もいるかもしれません。しかし、利用に当たって疑問に思うことの1つに「どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるの?」といったことがあるでしょう。そこで、ここではコワーキングスペースのメリットとデメリットについてご紹介します。

7つのメリット

メリット1:コミュニティを広げられる

コワーキングスペースでは人と人のつながりを重視しており、大きなデスクをシェアしたり、定期的に交流イベントを開催したりするなど、利用者同士が交流しやすい環境を整えています。こうした環境で仲良くなった方から、仕事を依頼されることもあります。仕事をしにコワーキングスペースに来て仕事をもらえれば一石二鳥ですよね。

また、フリーランサーの中には1日中ずっと家で仕事をしていて、気がついたら誰とも話していないという方もいるでしょう。その環境が好きなのであればよいのですが、寂しさを感じる方もいますよね。寂しいと感じるのであれば、コワーキングスペースの利用がおすすめです。何度も顔を合わせていくにつれて、疲れたときに雑談できるような仕事仲間ができるでしょう。

メリット2:設備が整っている

コワーキングスペースには、仕事や勉強をする際に必要なものが完備されています。デスクやイス、プリンターをはじめ、電源やWi-Fiなどのインフラも整っています。店舗によっては、会議室やイベントスペースが提供されています。打ち合わせをカフェやファミレスで行うと、スペースが狭かったりセキュリティの問題があったり……。そのため、コワーキングスペースの会議室を使って、会議を行うビジネスパーソンも増えています。

その他、本の貸し出しやシャワー設備といったサービスがあるところ、3Dプリンターやレーザーカッターといったデジタルファブリケーションがあるところなど、店舗ごとに個性があります。

関連:「コワーキングスペースの設備について」

メリット3:格安で利用できる

賃貸オフィスより費用が安くなることはもちろん、カフェと比べても低コストで利用できます。コワーキングスペースは1日利用でおおよそ1,000~2,000円です。月額利用の場合には、それよりもさらに安くなります。その一方、カフェはコーヒー1杯500円ほど。1杯で1日過ごせば、コワーキングスペースよりも安く済みますが、長居をすると場合によっては追い出されてしまうこともありますよね。

コワーキングスペースはそもそも仕事や勉強をする場所ですから、追い出される心配はありません。店員さんの目を気にせず、思う存分仕事や勉強に打ち込むことができます。また、有料オプションや月額利用料に含まれる形で法人登記ができるところも多いので、起業を考えている方にとってもメリットのある場所です。

関連:「コワーキングスペースってカフェとなにが違うの?」

メリット4:自分にあった利用プランが選べる

利用する際には、月額制とドロップイン制の2つがあります。頻繁に利用するのであれば、月額制がお得になりますし、たまに利用するのであればドロップインでの利用がおすすめです。月額制とドロップイン制について詳しく知りたい方はこちらの「料金システム(ドロップイン・月額制)について」をご覧ください。

また、月額制にはコワーキングスペースによって複数のプランが用意されていることもあります。例えば、週末だけの利用プランや、平日の夜だけのプラン、平日の昼だけのプランなどがあります。ご自身の使いたい時間に合わせることができるのは嬉しいですね。

メリット5:専門家のサポートを受けられる

専門家のサポートを受けられるコワーキングスペースもあります。例えば、税理士に節税対策や会計処理の指南をしてもらえたり、弁護士に起業や知的財産管理などにおける法務支援をしてもらえたりします。特に起業を考えている方によっては魅力的なサポートと言えるでしょう。

関連:「アントレプレナー(起業家)におすすめのコワーキングスペース特集」

メリット6:おしゃれな空間で仕事ができる

Googleのようにおしゃれな仕事場に憧れる方もいるでしょう。自分でおしゃれな環境を作ろうと思うと、意外と色の合わせ方や小物の使い方が分からなかったり、費用がかさんでしまったりするかもしれません。コワーキングスペースなら、洗練されたデザインのオフィス用具を選び、内装にこだわっているところもあります。

関連:「憧れのおしゃれなコワーキングスペース特集」

メリット7:コワーキングスペースの住所が使える

法人登記ができたり、郵便の受取ができたりするコワーキングスペースもあります。つまり、コワーキングスペースの住所を利用できるというわけです。これは大きなメリットになるでしょう。というのも、起業して法人になったときには会社の住所を記します。

オフィスを持たない方やSOHOの方は、基本的には自宅の住所を使うことになります。この会社の住所というのは誰からも見えてしまうので、営業が家に来るということもあります。このご時世、自宅の住所を不特定多数に知られるのは少し不安という方も多いでしょう。そうした場合にコワーキングスペースの住所を利用できるのはメリットとなります。

自宅以外の住所を利用する際にはバーチャルオフィスという選択肢もあります。バーチャルオフィスとは、オフィスを借りずに住所や電話番号を借りるといったサービスのことです。月額料金はコワーキングスペースよりも安く、5,000円~1万円程度。住所利用だけが目的ならそれでもよいですが、コワーキングスペースなら仕事場としてスペースを利用できるとともに、メリット5でお伝えしたように専門家のサポートを受けられることもあります。自分が何を求めるのかに合わせて、利用するサービスを選んでみてください。

3つのデメリット

デメリット1:周囲がうるさくて集中できない

コワーキングスペースは会話OKなので、周囲の音が気になることがあります。無音よりも少し雑音があったほうが集中しやすいとも言われることもありますが、周囲の音が気になる方には向かないかもしれません。場合によっては電話をかけている方やイヤフォンから音漏れしている方もいます。

ただし、利用者が静かに集中して作業しているコワーキングスペースも多くありますし、私語厳禁の集中ブースなどが設けられているところもあります。月額利用を考えている場合には、まずはドロップインで利用してどういう環境なのかを知ってから契約することをおすすめします。ドロップインで利用しているときに、どうしても周りの音が気になるということもありますよね。その場合には集中ブースを利用してみてください。それがなければイヤフォンを使ったり、耳栓を着用したりしましょう。

デメリット2:作業スペースが狭い

店舗や混雑状況によっても異なりますが、フリーアドレスの座席の場合、パソコン1台分だけしかスペースが設けられていないところもあります。コミュニケーションを促すために、あえて人との距離を狭くしていることもあるようですが、広いスペースを必要とするときには向いていないかもしれません。

とはいえ、常に満席になるわけではありません。スペースを広く使いたいというのであれば、利用者の少ない時間帯を狙ってください。そうすればテーブルを1つ独占できることもあるでしょう。平日の昼間や日曜の夜などは狙い目ですが、コワーキングスペースによって利用状況が異なりますので、興味のあるコワーキングスペースに問い合わせて聞いてみるのもよいでしょう。

デメリット3:セキュリティ面に心配がある

コワーキングスペースで作業をしていると、他の利用者にパソコンの画面や資料を見られるということもあるでしょう。特にお手洗いに行く際には、すべての荷物を持って移動するわけではありませんので、盗難の恐れもあります。

機密情報などがあるのであれば、オープンスペースでなく、コワーキングスペースに併設された個室を利用すれば解決できるかもしれません。また、盗難については、リスクはあるものの、カフェなどよりも可能性が低いのではないでしょうか。と言いますのも、コワーキングスペースには運営者がいて毎日来ているような利用者がいます。そうした中で盗難などの何か不審な動きがあれば、誰かが気づいて止めるということもあるはずです。自己管理するのは大前提ですが、利用者の入れ替わりが激しい飲食店よりもリスクがないでしょう。

以上、コワーキングスペースのメリットとデメリットについてご紹介しました。最後にもう一度おさらいしておきましょう。
 

メリット
1:コミュニティを広げられる
2:設備が整っていること
3:格安であること
4:自分にあった利用プランが選べる
5:専門家のサポートを受けられる
6:おしゃれな空間で仕事ができる
7:コワーキングスペースの住所が使える

 

デメリット
1:周囲がうるさくて集中できない
2:作業スペースが狭い
3:セキュリティ面に心配がある

 
こうしたメリットとデメリットがあるのでしたね。ここからも分かるように、コワーキングスペースには多くの魅力があります。ドロップインで一時的に利用することもできますから、ぜひ一度ためしてみて、仕事場選びの選択肢に加えてみてください。
 
使ってみたいという方はこちらの「コワーキングスペースを探す」から検索してみてください。エリアや設備など、ご自身の求める条件の軸から探せるようになっています。

関連記事

TOPへ戻る