コワーキングスペースってカフェとなにが違うの?

コワーキングスペースってカフェとなにが違うの?

コワーキングスペースに行ってみたいけれど、まだ行くことができていないという方も多いのではないでしょうか。知らないところに行くにはそれなりに勇気が要りますよね。使う前にコワーキングスペースというのが、どんなところかもっと知りたいという方も多いでしょう。そんな方のために、ここではカフェとの違いについて説明していきます。これを参考にコワーキングスペースのイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。そして、実際に利用してみてください。

コワーキングスペースとは

コワーキングスペースとは、仕事や勉強をしながら、様々な利用者とコミュニケーションがとれるスペースのことです。フリーアドレスの席、かつ仕切りを設けていないということから仕事や勉強を1人で集中して行えることはもちろん、息抜きがてら他の利用者と交流することもできる環境が整っています。同じ空間で仕事や勉強をすることによって競争意識や仲間意識が芽生え、分からないことを質問し合ったり、意見を交換し合ったりするような関係を構築することができます。
もっと詳しく知りたい方はこちらの「コワーキングスペースとは」をご覧ください。

カフェについては皆様ご存知の通りですので説明は割愛させていただきます。

カフェとの違いは?

飲み物があって、飲食スペースがあって……コワーキングスペースとカフェはいったいなにが違うのでしょうか。

運営の目的

コワーキングスペースとカフェとでは、そもそも運営の目的が違います。コワーキングスペースの運営目的は、簡単に言うと、提供するスペースで一緒に仕事・勉強をしてもらうことです。一方、カフェは提供するコーヒーを楽しんでもらうことを目的としています。そのため、コワーキングスペースはスペースを貸すことで利用者からお金をもらっていますが、カフェはコーヒーを売ることで利用者からお金をもらっています。

設備とサービス

コワーキングスペースでは、いくつもの電源と高速なWi-Fi、フリードリンク、複合機、それから仕事や勉強のためのスペースを提供しています。一方、カフェは飲食店ですので、こだわりのある飲み物と食べ物を販売しています。それを飲んだり食べたりしてもらうためにスペースの提供も行っており、最近ではより快適に過ごしてもらうために、利用者が電源やWi-Fiを使えるようにもしています。ただし、電源・Wi-Fiに関しては副次的なサービスのため、電源のある席は限られていますし、Wi-Fiは重くなったり途切れてしまったりすることもあります。

同じようなものを備えているので、一見違いが分かりづらいのですが、目的を考えると違いがはっきりしてきます。コワーキングスペースはスペースを貸して一緒に仕事・勉強をしてもらうことが目的ですので、席の数以上に電源を備えていますし、強力なWi-Fiをいくつも用意しています。それに対して、カフェはコーヒーを楽しんでもらうことを目的としていますので、電源やWi-Fiにはそこまで力を入れているわけではありませんし、食べ飲み終われば飲食スペースを空けてほしいと考えているでしょう。お客さんの「ゆっくりと仕事や勉強をしたい」という声とお店側の「飲食スペースを空けてほしい」という声の衝突には、こうした理由があるのです。

コワーキングスペースの設備に関して詳しく知りたい方は「コワーキングスペースの設備について」を、サービスに関して詳しく知りたい方は「コワーキングスペースのサービスについて」ご覧ください。

料金

コワーキングスペースをドロップインで利用すると、1日大体1,000~2,000円ほどです。食べ物や飲み物を持ち込むこともできますし、フリードリンクもついているところがほとんどですので、1日ゆうに過ごせます。カフェの場合、コーヒー1杯は500円程度です。ですが、コーヒー1杯で1日過ごすのは難しいでしょう。お昼ご飯も食べるとなると、コワーキングスペースと同じくらいかそれ以上の料金になるのではないでしょうか。

雰囲気

カフェは静かなときもあれば、仕事や勉強に集中できないほど騒がしいときもありますよね。せっかくカフェで作業しようと思っていたのに諦めることになったという経験もあるのではないでしょうか。その一方、会話OKのコワーキングスペースはどうでしょうか。意外にもコワーキングスペースは静かなところが多いです。なぜなら利用者は仕事や勉強を集中して行っているからです。おしゃべりを楽しむためにカフェに行く方が多いのに対し、コワーキングスペースへ行く方は仕事や勉強を真剣にしているのです。ビジネスパーソンから感じられる本気の雰囲気は、自分を湧き立たせるきっかけともなるでしょう。

コワーキングスペース カフェ
運営目的 スペース貸し 飲食物の販売
設備とサービス スペース/高速なWi-Fi/数多くの電源/フリードリンク/複合機 スペース/Wi-Fi/電源/こだわりのある飲食物
料金 1日1,000~2,000円 コーヒー1杯500円
雰囲気 静かなことが多い 騒がしいことも多い

コワーキングスペースとカフェにはそれぞれの利点がある

ここまでコワーキングスペースとカフェの違いについて紹介してきましたが、それぞれにメリットがありますし、そもそもの目的が違いますので、どちらがよいというものではありません。ですが、コワーキングスペースを利用したことがないというのはもったいないことです。

カフェに行って電源のある席が埋まっていたときの絶望を感じたことのある方や、カフェで席を追い出された経験のある方には特に、一度でもよいのでコワーキングスペースを利用してみてほしいと考えています。

使ってみた結果、自分はどちらが合っているのか、あるいは、こういう気分のときはどちらに行くのがよいのかという判断をしてください。私個人としては、長時間使って仕事や勉強をするときにはコワーキングスペースを利用していますし、ゆったりと読書をしようと思ったときにはカフェに入っています。ちょっと興味が湧いてきませんか?

コワークメディアではエリアや希望の条件からコワーキングスペースを検索できますので、ぜひご活用ください。ご興味のある方はこちらの「スペースを探す」から検索してみてください。

関連記事

TOPへ戻る