コワーキングスペースの歴史

コワーキングスペースの歴史

ICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)の発展により場所を問わない働き方が増えてきました。そんな中、コワーキングスペースという共有スペースが近年話題になっています。ですが、どのようにして誕生したのかを知る人は少ないのではないでしょうか。そこで、ここではコワーキングスペースについて深く知りたい方のために、歴史について紹介します。

なぜコワーキングスペースが誕生したの?

まず土台として、ICTの発展が大きく影響しています。以前まではオフィスに足を運んで仕事をすることが当たり前でした。それがICTの発展、インフラの整備によって変化し始め、「テレワーク」という場所を問わない働き方が登場しました。

働く場所は自由にこそなりましたが、テレワーカーたちは誰とも話さない1日を過ごすことが多く、コミュニケーションをとったり、アイデアを共有したりすることができずに不満を抱えることも多くなったようです。「それなら同じように1人で仕事をしている人を集めてみよう」という考えがきっかけとなり、コワーキングスペースは誕生したのです。

コワーキングスペースはどこが発祥?

コワーキングスペース発祥の国はアメリカです。ニューヨークとサンフランシスコで同時期にコワーキングスペースが生まれました。2005年8月には、ソフトウェアエンジニアのBrad Neuberg(ブラッド・ニューバーグ)氏がサンフランシスコにある「Spiral Muse(スパイラル・ミューズ)」でコワーキングスペースを開設し人気を博しました。その後、場所を移転し、あらゆる機能を備えた複合的なコワーキングスペースとして「Hat Factory(ハット・ファクトリー)」と冠しました。

2006年3月ニューヨークではアミット・グプタ(Amit Gupta)氏とルーク・クロウフォード(Luke Crawford)氏が同業の個人事業主を集めて仕事をする「Jelly」というイベントを開催しました。こうした活動を受けてコワーキングスペースは急速に増え、世界中でその数を増やしています。

コワーキングスペースはいつ日本に来たの?

日本でも地方活性化や新たな産業を生み出すために、テレワークやSOHOを支援する流れはありました。ただ、日本で正式にコワーキングスペースと名乗る店舗が登場したのは、2010年からです。そのことを踏まえて、コワーキングスペースが日本に登場するまでの過程を見てみましょう。

・1994年:旧郵政省がテレワークセンター施設整備事業を開始
・2000年:起業支援を目的にして三鷹市がSOHO向けに「三鷹産業プラザ」を開設
・2003年:森ビルが六本木ヒルズにコワーキングスペースの先駆けとなる「アカデミーヒルズ六本木ライブラリー」を開設
・2010年5月:神戸の「カフーツ」が日本で初めてコワーキングスペースを名乗る
・2010年8月:東京初のコワーキングスペース「PAX Coworking(パックス・コワーキング)」が登場

こうして日本でも急激にコワーキングスペースの数は増えていき、現在、都内にあるコワーキングスペースの数は300を超えると言われています(2019年4月)。コワーキングスペース同士の競争も激化し、モノづくりに特化した店舗やシェアオフィスの機能を併せ持った店舗など、多様なコワーキングスペースが開設・運営されています。今後益々その数を増やしていくことでしょう。

関連記事

TOPへ戻る