コワーキングスペース利用料の勘定科目って?

title-of-accounts

コワーキングスペースの利用料を経費で落とそうと考えている方も少なくないでしょう。中には「勘定科目はどうしたらいいの?」と疑問に感じている方もいるでしょう。そんな方のために、ここではコワーキングスペース利用料の勘定科目についてご紹介します。

そもそも勘定科目とは

「そもそも勘定科目ってなに?」と感じている方もいるかもしれません。ですから、順を追って勘定科目についてお伝えした後に、コワーキングスペース利用料の勘定科目についてご紹介します。

経理や会計の仕事をしている方、それから確定申告をしている方はよく知っているでしょう。勘定科目とは、ビジネスをしていくうえで発生する収益や経費などを記録するための項目の総称です。簡単に言うと、確定申告などをする際に、どういった項目で収入を得て、どういった目的でお金を使用したかを、ざっくりと記録するというものです。

収入に関しては事業所得や雑収入などしかないのに対して、経費に関しては項目が細かく分かれています。ただ、法律では細かく決められていません。Aさんが雑費としたものをBさんは消耗品費として計上することもあるかもしれません。ですから、勘定科目についてそこまで神経質になる必要はないというわけです。ただ、周りから見たときにお金の流れがすぐに分かるようにしておくと自分でも管理がしやすくなるでしょう。

経費に関する勘定科目にはどんなものがある?

収益に関する勘定科目と比べると、経費の勘定科目には非常に多くの項目があります。人によっては表現する言葉も変わってきますので、すべてをご紹介するのは難しいです。そこで、ここには経費の勘定科目の中から代表的なものをご紹介します。

地代家賃 事務所を構えている場合には、その家賃が地代家賃として計上できます。また、月極契約をしている駐車場の費用もこの項目となります。
通信費 通信費は、事業に必要となる固定電話や携帯電話、それからインターネット通信量などの支払いにかかる費用項目となります。ホームページなどを作られている場合には、サーバー代やドメイン代も通信費に含まれます。
水道光熱費 事業にかかる水道代、電気代、ガス代などはこの項目に該当します。
新聞図書費 業務に必要な雑誌や書籍を買ったときには、新聞図書費として経費にすることができます。
消耗品費 インクやコピー用紙、文房具、名刺などにかかる費用は消耗品費となります。
接待交際費 取引先などとの接待にかかる費用や、取材などで持参した手土産代、それからお中元やお歳暮などの費用が接待交際費に含まれます。
旅費交通費 業務として取材や打ち合わせ等で移動する際にかかる交通費は、旅費交通費として経費にできます。なお、コワーキングスペースに移動する際の交通費も含めることが可能です。
会議費 社内・社外での業務に関する打ち合わせのために使った費用のことです。会議室のレンタル費用やお茶菓子代が会議費となります。
雑費 その他、分類しにくいものはこの雑費という項目で計上することができます。

コワーキングスペース利用料の勘定科目とは

勘定科目についてお分かりいただけましたね。経費を表す勘定科目には非常に多くの種類があることも知れたでしょう。だからこそ、コワーキングスペースの利用料をどの項目で計上したらよいのか迷ってしまう方が多いのです。それでは早速、そんな疑問を解決していきましょう。

ポイントとなるのは、コワーキングスペースの契約形態についてです。時間単位・1日単位での利用(ドロップイン)なのか、月額契約での利用なのかによって、分類が変わります。

時間単位・1日単位での利用(ドロップイン)の場合

いつもは自宅等で仕事をしていて、たまにドロップインでコワーキングスペースを利用するということもありますよね。ドロップインで利用する場合、利用料は「雑費」として計上するとよいでしょう。

月額契約での利用の場合

月額契約でコワーキングスペースを利用している場合には、毎月固定して料金が発生することになります。そのため、こちらの場合は雑費ではなく「地代家賃」として計上しましょう。

以上、コワーキングスペース利用料の勘定科目についてご紹介しました。最後にここでお伝えしたことをまとめておきましょう。

 

・勘定科目とは、ビジネスをしていくうえで発生する収益や経費などを記録するための項目の総称
・経費の勘定科目には非常に多くの項目がある
・ドロップイン利用の場合、コワーキングスペース利用料は「雑費」として計上する
・月額利用の場合、コワーキングスペース利用料は「地代家賃」として計上する
・コワーキングスペースまでの交通費は「旅費交通費」として経費にできる

 

確定申告をする際には、コワーキングスペース利用料も計上してくださいね。その際は、ここにご紹介した勘定科目を参考にしてみてください。

関連記事

TOPへ戻る